行政書士試験の難易度と試験範囲の広さの関係

「試験範囲の広い試験は難しい」と言われることがある。勉強に取り組みにくいということは、確かに言えるかもしれない。
参考までに、法律系資格試験の試験範囲をまとめてみよう。

資格 試験科目
司法書士 ・憲法、民法、商法、刑法
・不動産登記法、商業登記法(登記申請書作成知識を含む)
・供託並びに民事訴訟、民事執行及び民事保全法
・司法書士法
社会保険労務士 ・労働基準法及び労働安全衛生法
・労働者災害補償保険法
・雇用保険法
・労働保険の保険料の徴収等に関する法律
・健康保険法
・厚生年金保険法
・国民年金法
・労務管理その他の労働及び社会保険に関する一般常識
行政書士 ・憲法、民法、行政法
(行政法には、行政手続法、行政不服審査法、
行政事件訴訟法、国家賠償法、地方自治法を含む)
・基本法学、商法
・一般知識
宅地建物取引主任者 ・土地の形質、地積、地目及び種別並びに建物の形質、
構造及び種別
・土地及び建物についての権利及び権利の変動に
関する法令
・土地及び建物についての法令上の制限
・宅地及び建物についての税
・宅地及び建物の需給に関する法令
・宅地及び建物の価格の評定  
・宅地建物取引業法及び同法の関係法令
FP技能検定試験 
2級
・ライフプランニングと資金計画
・リスク管理
・金融資産運用
・タックスプランニング
・不動産
・相続、事業継承
ビジネス実務法務検定試験
2級
・ビジネス法務の実務
・取引を行う主体
・会社取引の法務
・会社財産の管理と法律
・債権の管理と回収
・企業活動に関する法規制
・会社と従業員の関係
・ビジネスと個人のかかわり
・紛争の解決方法
・国際法務

こんなふうに並べてみると、試験の特徴が見えてくる。
司法書士試験は、試験に関係する法令数は多いが、民法と商法を中心として、民事訴訟、民事執行・・・と、何となく関連している法令である。

社会保険労務士試験も同様、法令数が多く、労働関係と社会保険関係に二分されてはいるものの、何となく相互に関連する法令のようである。

宅地建物取引主任者試験は、民法の権利関係や不動産に関する法令中心で、かなり科目の統一性がある試験である。

FP試験は、バラバラの科目のようにも見えるが、これは実は全て資産に関係する事柄である。

こうして見ていくと、一番、科目同士の関連が薄い試験は、行政書士試験なのではないかという気がしてくる。基本的な法令が主にはなっているが、ちょっと、試験科目がバラバラなのである。

確かに、一つ一つの問題は、それほど難解ではないかもしれない。民法ひとつとっても、司法書士試験の民法と比べれば、行政書士試験の設問は易しいと思われる。というか、問題文を見てみればわかるのだが、行政書士試験の方が、絶対に問題が易しい。

しかし、「狭く、深く」が得意で、「浅く、広く」が苦手な人というのが、現実に存在する。浅く広くやるよりは、狭く深く、マニアックな試験が得意な人がいるのだ。

つまり、行政書士試験というものは、他の法律系資格試験と比べると、何というか、つかみどころがない性質があるのだ。結局は、試験範囲が広いということだ。

範囲が広いと、勉強はしづらいものだ。「一般科目なんてものはなくして、行政法あたりをもっと難解にしてくれた方が受けやすいよ!」と叫びたい受験生、結構多いんじゃないかと思う。

>>行政書士試験の難易度を最も低くしてくれる勉強法