行政書士を通学で受ける場合と通信で受ける場合の違い

行政書士の難易度を下げるにはどんな方法がありそうだろうか? 試験問題の難易度を今より下げてくれと主張しても到底受け入れてもらえることはない。だとしたら、受験者が何らかの方法で合格のチャンスを増やすしかないだろう。これは簡単なことではないが、しかし不可能でもない。

受験者に工夫できる余地があるとしたら、それは行政書士の受験勉強方法の改善しかないだろう。独学をすることはとても無理がある。独学ではそもそも、独りよがりな勉強に傾きやすい。
となればプロの講師に教えてもらうしかないが、その方法は大きく分けて2通りある。資格の学校に通うか、資格の通信講座を受けるかのどちらかだ。

この2つのどちらを選ぶべきか。それは好みや相性もあるし、備わった条件の違いもある。
しかし、現在の受験者が抱える条件を見ていると、通信講座のほうが、分があるように思われる。

学校のメリットは、「講師の目前で勉強できる」「講義の前後に直接質問できる」「講師や生徒仲間がたくさんいる場所で、恵まれた環境で勉強できる」「自習室のような設備を使える」といったところだろう。しかし、自宅から30分くらいの場所に学校がある人はともかく、そうではない多数派の人たちにとっては、こうしたメリットよりもデメリットのほうが目立つのではないだろうか。

そもそも学校は週に何回も通わないといけない。しかしいまどきの受験者が、仕事や家事を終えてから通学するのは体力や時間の制約がある以上、相当の負担となる。通い切れなくて脱落するケースの多さも無視できない。さらに最近の傾向として、どこの学校も赤字経営が続いており、高水準の講義を提供できなくなっているケースも増えている。

通信教育の場合は、「講師の目前で勉強できない」「質問を直接できない」といったデメリットがある。しかし、好きな場所に好きな時間で勉強できる点はこれらのデメリットを補って余りあるだろう。それに電子メールやWebサイトを使ったサポートが増えている時代でもあり、またメディア教材が進歩して、行政書士の学校の教室にいる気分で勉強ができる時代でもある

何よりも金額の違いは計り知れないだろう。通信でも学校と授業料が変わらないケースもあるが、通信教育専門の会社をよく調べれば、学校より格段に安く上がるところが必ず見つかる

こうした通信教育を利用する勉強法が、行政書士の難易度をなるべく調整できる方法となることだろう。


>>行政書士試験の難易度を最も低くしてくれる勉強法