行政書士の難易度と勉強時間の関係

行政書士の難易度を判断する上で、無視してはいけないポイントがまだある。それは勉強時間だ。
やはり、勉強時間がかかればかかるほど試験の難易度は高いといって差支えないだろう。

とはいえ(行政書士に限らないが)どんな試験でも人によって合格までの勉強時間はまちまちだ。そこで使われるのは、合格者の「平均的な勉強時間」だ。しかしこれも、行政書士の場合はとても格差がある。少ない場合や450時間程度でも合格しているのだが、多めの場合となると900時間くらいかかっているというデータもある。それにここには「1回失敗した受験者」という要素も加わる。2年以上受けて合格した人を含めると、合格までの総合勉強時間は1000時間を軽く超えてしまう可能性が高い。

こんなふうに書いてしまうと、行政書士はとてつもなく難易度が高い試験に見えてしまうだろうか? しかしそれは早合点しすぎだろう。確かに失敗した人たちのことを思うと、非常にハードに思えてしまうが、合格している人たちは少数ながら毎年いるのだし、しかもその中には1回しか受験していないというタフな猛者も入っているのだ。それに、1回で受かってしまった受験者が毎年必ず出ていることも、そして法律や行政手続きの素人だった受験者が合格を果たしていることも、希望を与えてくれる材料ではないだろうか? 

こうしたタフな合格者たちは数が少ないが、それでも今までに地道な取材を積み重ねた結果多くの貴重なデータを提供してくれている。その人たちの成功レポートを集めてわかるのは、何も知らなかった人でも半年くらいの勉強時間を割くだけで、うまいこと合格することは可能だという事実だ。

もちろん、その間の勉強量は相当なボリュームにはなる。毎日2時間以上、月間にして80時間くらいはかけたという声も多く見つかる。しかしこのペースは決して難しいことだとは言い切れないようだ。

合格者たちに聞くと、「机に向かって勉強する時間」だけなら1日2時間に達していないという意見が多い。出勤時間(電車やバスの中)や休憩時間(昼休み等)も勉強を少しずつ積み重ねたという意見が多いのだ。もちろん忙しくてほとんど勉強できなかった日もたまにはあるようだが、土日のような休日にはそれを取り返すつもりでがんばったというわけだ。こうした勉強を続けることで、何百時間もの勉強時間を半年くらいの期間で達成しているというからくりのようだ。

ここからわかることは、行政書士の勉強時間は確かに大量に必要だが、それはちょっとした工夫や努力の連続で達成可能だということだ。こうした方法をとれば、行政書士は特別な人でなくても合格できる難易度なのだろう。

>>行政書士試験の難易度を最も低くしてくれる勉強法