あなたにとっての難易度

さて、行政書士試験の難易度については、何となくわかっていただけたかもしれない。行政書士試験とは、司法書士試験よりも難易度は低いが、決してナメてかかってはいけない試験。社会保険労務士試験ほど、コマコマと覚える事項はないが、それでも範囲が広く、勉強すべきことは多い試験。

・・・それはわかったが、「結局オレは受かるのか?」ということは別問題であろう。

こうしたとき、「学生時代の成績はこのくらいだったから、受かるだろう」とか「同僚の誰それが合格した試験だから、自分も受かるはずだ」などということを考えたくなるが、その同僚がどのくらいの試験勉強をしていたかわからないし、そもそも、その同僚の能力について誤解しているということもありうるから、他人の結果を自分に当てはめても、参考にならないと思うのだ。

それよりも、実際の問題を見た方が早い。法学部を卒業している人だったら、民法や憲法の問題をざっと見て、おおよその難易度を測ることができると思われる。問題文と択一肢を読むだけでも、この試験に合格するために、自分に足りない知識がどのくらいのものか、何となくでも、わかるだろう。

また、全くの門外漢で、これまでの人生、法律の勉強などしたことがないという人でも、ある程度「ペーパーテスト慣れ」をしている人であれば、問題文と択一肢を読んで、出題のされ方をみていくだけでも、何となくだが、難易度がわかってくると思う。

つまり、基本的な事項を記憶するだけで合格できる試験か、枝葉末節事項まで記憶することが必要な試験か、あるいは、思考力が求められる試験か?求められるとしたら、どの程度の思考力か?更に、数的能力が必要か?応用能力が必要か?・・・そんなことである。

そうして、民法あたりの問題をみて、考えてみてほしい。自分にも関係するような、権利関係あたりがよいかもしれない。法律の勉強をしたことがない人だったら、問題は解けなくて当然だ。というか、この段階では、全く解けなくていいよ。

しかし、もし問題を読んで、「この答えが知りたい」と思ったら、是非、その疑問から、勉強を始めてみてほしいと思うのだ。行政書士試験を受けるかどうかは別として、この日本で生きていくのだから、民法や憲法は勉強しておいても無駄にはならない。絶対。

そうやって問題をいくつかみていくうちに、行政書士試験が、自分にとって歯が立つ試験なのかどうか、わかってくると思う。難易度が高すぎてちょっと無理かもなと思ったら、ビジネス実務法務検定の3級や2級を先に受けて、試験慣れすることから始めてもよいだろう。

結局、試験の難易度については、自分で問題文に当たってみるのが、一番早くて一番参考になるのだ。行政書士試験は、前にも書いたが、絶対評価の試験で、自分が合格点を取っていさえすれば受かる試験である。だから、敵は自分、味方も自分である。このサイトを見て、行政書士試験を受験しようかなと思った皆さん、がんばってください。

>>行政書士試験の難易度を最も低くしてくれる勉強法